MENU
カテゴリー

SWELLおすすめのプラグインは7つだけです|不必要なものは...

悩む人

SWELLに入れた方が良いプラグインってどれ?

あと、削除できるプラグインも知りたい。

こんな悩みを解決します。

この記事で分かること
  • SWELLおすすめプラグイン7選
  • SWELL非推奨・不必要なプラグイン
  • SWELL公式サイトが推奨しているブラグイン

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

テーマを替えた時、「プラグインって何入れよう?」ってなりますよね。

ため

しかし、下手に入れるとサイトが重くなったり不具合を起こすことも...

そうならないためにも、

SWELLおすすめのプラグインは7つだけです|不必要なものは...

についてお伝えします。

ため

削除できるプラグインも紹介しているので、最後までご覧ください。

目次

SWELLおすすめプラグイン7選

SWELLに導入すべきプラグインは以下7つです。

SWELLおすすめプラグイン7選
  • SEO SIMPLE PACK
  • WebSub/PubSubHubbub
  • WordPress Ping Optimizer
  • Contact Form 7
  • Google XML Sitemaps
  • Wordfence Security
  • WP-Optimize
  • EWWW Image Optimizer

一つずつ見ていきましょう。

SEO SIMPLE PACK

SWELLの開発者の了さんが作ったSEOプラグインです。

  • メタキーワードの設定
  • メタディスクリプションの設定

などが行えます。

ため

SWELLと相性が良く、SWELLのSEO対策を強めてくれます。

なので、導入しましょう。

WebSub/PubSubHubbub

クローラーにページを認識させ、インデックスを早めるプラグインです。

  • 記事の投稿・更新を素早くクローラーに伝える
  • 迅速なインデックスにより不正コピーの防止

などの効果があります。

迅速なインデックスにより不正コピーの防止

「迅速なインデックスにより不正コピーの防止」についてお話しますね。

インターネット上には、不正コピーをして同じ記事をWeb上にアップする。そんな悪質な手口があるんですね。

ため

これを「スクレイピング」と言います。

スクレイピングをされた場合、稀にこんなことがあります。

  • クローラーがコピー記事をオリジナルと認識する
  • そしてオリジナル記事を「重複コンテンツ」と見なす
  • その結果、オリジナル記事の順位を下げたり圏外に飛ばす

しかし、「WebSub/PubSubHubbub」を使うことにより

  • 記事の投稿・更新を素早くクローラーに伝える=真っ先にオリジナル記事と認識させる
  • 仮にコピーされたとしても、不正ページの順位は上がらない。もしくは圏外に飛ばす

ことができます。

WordPress Ping Optimizer

Ping送信をコントロールしてスパム扱いを防止するプラグインです。

  • 下書き保存時のPing送信
  • Ctrl + F5時のPing送信

を防いでくれます。

ため

下書き保存がスパム認定されて、ランキングサイトや検索に表示されない...

それを防止してくれるプラグインです。

Contact Form 7

お問い合わせフォームを作るプラグインです。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 題名
  • お問い合わせ内容
  • 送信ボタン

しか無いので軽い軽い。余計な機能が無いところが良いですね。

ため

なので、とても使いやすいです。

Google XML Sitemaps

検索エンジンに登録する、XMLサイトマップを作るプラグインです。

  • クローラーが巡回する頻度
  • クローラーが認識する優先順位

上記の設定もできます。

ため

一生懸命作った記事が

「インデックスされてない!」

とならないためにも、導入しましょう。

Wordfence Security

WordPressブログのセキュリティを強化するプラグインです。

  • 二段階認証
  • ログイン回数を制限する
  • WordPressのバージョンを隠す

などができます。

ため

乗っ取りや不正アクセスを防止できるので、導入しましょう。

WP-Optimize

データベースをメンテナンスするプラグインです。

  • 記事のリビジョンデータ(編集履歴)
  • 自動保存した下書きのデータ
  • 期限切れのキャッシュ
  • スパムコメント
  • ゴミ箱の記事

上記を一括で削除できます。

ため

これらは、WordPressブログが重たくなる原因です。

なので、WordPressブログを軽くするためにも導入しましょう!

EWWW Image Optimizer

画像を圧縮するプラグインです。

  • 画像の一括圧縮
  • 画像を次世代フォーマットに変換

などができます。

次世代フォーマット

Googleが推奨するファイルサイズが小さい画像のことです。圧縮率が高いので、サイトの高速表示を可能にします。

ため

画像を次世代フォーマットに変換すると、めちゃくちゃ速くなりますよ。

次世代フォーマットへの変換方法については、下記で詳しく解説しています。

関連記事

記事が見つかりませんでした。

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーを整理するプラグインです。

ドラッグ&ドロップだけで、カテゴリーを並び替えられます。

ため

ただ、これは

・ブログ型なら入れた方が良い
・1カラムのサイト型なら入れなくても良い

ですね。

SWELL非推奨・不必要なプラグイン

続いて、SWELLで不要なプラグインを紹介します。

ため

導入したままだとサイト表示速度が遅くなるので、削除しましょう。

クラシックエディタプラグイン

まずは、クラシックエディタプラグイン。

ため

クラシックエディタやエディタ拡張プラグインですね。

SWELLでは不要なので、削除しましょう。

削除できるプラグイン

削除できるプラグインは以下のとおりです。

  • AddQuicktag
  • Classic Editor
  • TinyMCE Advanced

遅延読み込みプラグイン

次は、遅延読み込みプラグイン。

スクロールに合わせて画像を表示するやつですね。

ため

SWELLはデフォルトで遅延読み込み機能を完備しています。

なので、削除しましょう。

削除できるプラグイン

削除できるプラグインは以下のとおりです。

  • Lazy Load
  • Lazy Loader
  • ネイティブLazy-load

キャッシュ系プラグイン

その次は、キャッシュ系プラグイン。

観覧データを削除するやつですね。

ため

SWELLはボタン一つでキャッシュを削除できます。

なので、不要です。削除しましょう。

削除できるプラグイン

削除できるプラグインは以下のとおりです。

  • WP Super Cache
  • WP Fastest Cache

吹き出しプラグイン

その次は吹き出しプラグイン。

これは不要です。

ため

というのは、無限に吹き出しを作れるからですね。

という訳で、削除しましょう。

削除できるプラグイン

削除できるプラグインは以下のとおりです。

  • LIQUID SPEECH BALLOON
  • 吹き出しクリエイター
  • Word Balloon

目次生成プラグイン

その次は目次生成プラグイン。

これも不要です。

ため

なぜなら、デフォルトで目次を生成する機能があるからですね。

なので、削除しましょう。

削除できるプラグイン

削除できるプラグインは以下のとおりです。

  • Table of Contents Plus
  • Easy Table of Contents
  • Rich Table of Contents

その他のプラグイン

その他、以下が不要です。

  • WordPress Popular Posts・・・人気記事ランキングを生成するプラグイン
  • Widget Logic・・・ページ毎に表示・非表示を設定するプラグイン
  • Autoptimize・・・コードを圧縮するプラグイン

SWELL公式サイト推奨プラグイン

最後に、SWELL公式サイトが推奨しているプラグインを紹介します。

SWELL公式サイト推奨プラグイン
  • Highlighting Code Block
  • Useful Blocks
  • XO Security
  • Pochipp

一つずつ見ていきましょう。

Highlighting Code Block

SWELLの開発者の了さんが作ったコード執筆用プラグイン。

コード執筆用ブロックが追加できます。

ため

記事中でプログラミングコードを書くなら、入れた方が良いですね。

導入方法については、以下をご覧ください。

Useful Blocks

専用ブロックを追加できるプラグイン。

  • 比較ボックス
  • グラフブロック

などを実装できます。

比較ボックス
グラフブロック
ため

僕も使っていますが、かゆいところに手が届くものばかりです。

詳しくは、以下をご覧ください。

BackWPup

バックアップを取るプラグイン。

  • インストールしたファイル
  • サーバーのファイル

などのデータを残せます。

ため

データが飛んだ時のために、入れておくと良いかもしれません。

導入方法については、以下をご覧ください。

Pochipp

ブロックエディタ対応のアフィリエイトリンク作成プラグイン。

Amazon・楽天市場・Yahoo!の商品リンクが作れます。

ため

僕は今移行中ですが、使いやすですね。

直感的な操作でいじれます。

ただ、もしもアフィリエイトの場合、リンクが作れないこともあります。

ため

詳しくは、以下をご覧ください。

SWELLおすすめのプラグインは7つだけです|不必要なものは...:まとめ

今回は、SWELLおすすめのプラグインは7つだけです|不必要なものは...についてお伝えしました。

  • SEO SIMPLE PACK
  • WebSub/PubSubHubbub
  • WordPress Ping Optimizer
  • Contact Form 7
  • Google XML Sitemaps
  • Wordfence Security
  • WP-Optimize
  • EWWW Image Optimizer

SWELLは極限までにプラグインを削除できます。

ため

なので、不要なプラグインを削除しましょう。

そうすると、サイトが軽くなって、表示速度が改善しますよ。

高速化設定については、以下にまとめています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる